沖縄を知る

#082 緑の中でヘルシーごはん

南国らしい色濃い緑の中には、たくさんのカフェが旅する人を迎えてくれます。緑の空間でのんびり過ごしながら食べたいのは、旬を味わうヘルシーごはん。「やっぱり食べた人に健康になってほしいと思うから」と、「森の茶屋 どんぐり」のお母さんが作るのは、フーチバー(よもぎ)やツルムラサキ、ニガ菜などの地野菜を使った滋味あふれる料理。

「Caféがらまんじゃく」では、地野菜に加えて、琉球王国時代から食されてきた野草をふんだんに取り入れた、まさに「ぬちぐすい(命の薬)」な料理で、おいしく昔の知恵をいただくことができます。緑に包まれたカフェは、身体と心をととのえてくれる、いやし空間なのです。

ANA