沖縄を知る

#012 無人島で星空キャンプ

座間味島から海のタクシーで上陸。今晩は、この無人島でキャンプ。

暗くなる前に、みんなで力を合わせて、テントを張って、夕ご飯の支度をする。大人たちはもうハイテンション。子どもたちはまだちょっとおとなしい。

そうしていると、ゆっくりゆっくり、あたりに夜が満ちてくる。

きれいな高音はアカショウビンの声。空が明るくなると同時に森の方から響いてくる。テントを出れば目の前には朝焼けの海。ピンク色の空、朱に染まる雲。淡い紫がかった水色から青へ色濃くなっていく海。夜明けは夕暮よりもスピーディ。

ANA