沖縄を知る

#011 漁港はおいしい

沖縄の海の幸を食べたいなら、迷わず漁港へ。海人の胃袋を満足させてきた家庭料理。異文化ミックスな沖縄らしいアイデアメニュー。海を臨む特等席で、この旅いちばんの口福を味わって。

海人丼
海人食堂の一番人気。まぐろや海ぶどう、やわらかい地ダコなど都屋の恵みを中心に、海の幸がてんこもりです!
もずく丼
学校給食でも人気! もずく、豚ひき肉、ねぎ、生姜、とうもろこしをだし醤油で合えたもの。想像以上にうまい!

まぐろ丼
まぐろは沖縄でもっともメジャーな魚のひとつ。ごはんの上にドーンと盛られたまぐろが厚めなのが海人っぽい。
マグロカツ丼
さっくりほっくり揚げたまぐろに、下味のにんにくの香りが食欲をそそる! パンチ力満点の漁港のカツ丼です。

いか墨汁
見た目は真っ黒ですが、ベースの出汁がきいて、いかの風味と塩味が絶妙!だまされたと思って、食べてみるべき。
さかな汁
漁から帰ってきた海人に奥さんが作る定番メニュー。たっぷりの魚と豆腐に、魚の出汁がしっかり。薄味でも大満足。

いかてんぷら
薄めの衣はさっくりと、中のいかは身厚でふんわりやわらか! ビールのお伴に、いくつでも食べられそうです。
もずくてんぷら
漁港の定番ですが、こちらのは、衣薄めでカリッとした食感が特徴。那覇や糸満からも買いに来る人がいるそう。

読谷漁協 海人食堂
沖縄県中頭郡読谷村字都屋33番地
http://yomigyo.shimatabi.jp/

話題のメニューはソフトシェル(ガザミ)を丸ごと1匹揚げてはさんだ豪快なバーガー。香ばしくてジューシー。

「他にないものを」と考案されたその名の通りサメ。チキンに近い味わいだけど、よりふんわりした食感で美味!

こちらで最もぜいたくな一品がこちら! 自家製マヨネーズとウニを和えた特性ソースが味の決め手です。

ANA